ハワイ

ホテルからの眺めはこんな感じ。

Imgp1856

めっちゃいい眺めでした。

ハワイはすごく過ごしやすいですね。
気温は高いのでしょうが,湿度が低いためか不快には感じないですね。
逆に,日本に帰ってきたとき成田では雨が降ってたので,暑くて湿度が高くて不快指数がとっても高かったです。

ハワイでは米国産牛肉をたくさん食べ,お酒を飲みまくるという生活だったので,また大きく成長して帰ってきました。

Imgp1888

ハワイのお土産に,ビーフジャーキーがよくありますよね。
最近米国産牛肉は解禁されたと思うのですが,まだ日本に持って帰れないそうです。
仕方ないですが,厳しいですね。

国外逃亡

そろそろ国外逃亡します。

今の会社に入ってから休みをもらって,遊びに行くなんてはじめてかなぁ・・・
よく今の会社続いてるもんだ。

とりあえず,銀行に行って両替していくか。

富山

自分にとっても,相方にとっても初めての富山でした。

試合はとっても悲しい結末でしたが,試合が終わったすぐ後は結構さばさばしてました。
まぁ狭き門の一つがなくなっただけだと。
もっと大きなチャンスがまだまだあるんだと思って納得させてました。
でも,少し時間がたつとどんどんくやしくなってくるんですよね。
あそこで追加点がえられれば・・・とかあそこでミスしなければ・・・とかね。
「くやしー」とつぶやくたびに相方に怒られてました。

まぁ試合のことは忘れて,せっかく海がある県に来たんだから,うまいものを食べようとカーナビを活用しました。
ファンタオレンジスタさんにはうどんを検索しましたが・・・
自分は海鮮で検索・・・
カーナビで検索しても,どんな所か全然分からないので,近いところから行ってみて店の外観で決めました。
変に高そうな外観ではなく素朴な感じのお店に決めました。
店内に入ってみるとメニューがありません。
お店の人の顔を見て「どうしたらいいの?」って感じでいました。
するとお店の人が「当店ははじめてですか?当店にはメニューがないんですよ」ときた。
おーい,どうすりゃいいんだーと,なおさらどぎまぎしちゃいました。
リクエストや,値段を言えばそれに合わせて何でも作ってくれるそうです。
長野から来たこと,魚が食べたいことを伝えてお任せしちゃいました。
すると,たいした値段でお願いしてないのに出てくる出てくる・・・
食べきれないほどのメニュー。
焼き魚に刺身にあら汁みたいのと,長芋のお豆腐,煮物,豚の角煮等・・・
せっかく海の近くに来たんだから生魚が食べたいなぁと思ってましたが,焼き魚がめっちゃうまい。
よくよく話をきくと料理人は21才でまだ修業の身とのこと。
マスターは今日は不在とのこと。
マスターがいないことをいいことに結構サービスしてもらっちゃいました。
「お客さんも同じくらいの歳ですよね?」なんて事まで言って楽しませてくれちゃって・・・いい人だ

途中で近所のおじいさんみたいな人が来てビールをたのみ,冷や奴をまず注文。
さて地元の人はどんなのを食べるのかと期待していると,お店の人が適当に作るよと肉野菜炒めを作る・・・魚じゃないのか?
で,少し立ったらオムライスが食べたいと言い出した。
お店の人も,リクエストされれば作るけど・・・と気の進まない感じでしたが,作り始めてました。
ほんと近所の人に愛されてるいいお店なんだろうな。

料理はうまいし,いい人だし。
また行きたいなと相方と話しながら帰ってきました。

長野エルザがJFLに上がれば富山にアウェー遠征に行く機会があるかも。
ぜひ,そうなってほしいな。
今度は長野のおすすめをちゃんと用意して行きますよ。

花火

昨日前橋花火大会に行ってきました。

たまたま群馬県に行ったのですが,昨日は諏訪の花火や自分もよく行く信州新町の花火など花火の日って感じでしたので,こっちでもあるかなぁと思って現地で調べてみました。
そうすると,15000発なんていう立派な花火大会があるじゃないですか。
運がよかったなぁと喜び勇んで行ってきました。

15000発なんていうと地元長野でもそうは見られない球数なので期待して行ってきました。
でも,期待ほどじゃなかったかな・・・
球数だけは多いけど・・・それだけ?
小さい花火を乱発してるって感じで・・・
その花火もあまり丸くなかったりきれいじゃないし・・・

球数で期待してた分ちょっとがっかり。
あまり花火に集中してる人もいなく,逆にお祭りとして楽しんでる人のが多い?
だって,花火に背を向けてる人がたくさんいるんだもんな。

自分の花火の基準はやっぱり小さい頃から見ている「えびす講」と一昨年みた諏訪の花火かなぁ。
長野の花火のレベルの高さを再認識しました。
「えびす講」の花火なんかは球数が少ないですが,一発の花火で色々見せてくれます。
芸術的なんですよね。
涙が出そうな時があります。
(あばれはっちゃくを見て涙をながすくらいの人間ですが・・・)
もっと小さい花火大会も沢山ありますが,そういうのはとても近くで見られて,もうホントに地域のお祭りって感じでいい感じなんですよね。

今年も「えびす講」の日が楽しみです。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

おすすめ本

  • 恩田 陸:ネバーランド
  • 野沢 尚:龍時01-02
  • 矢田 容生:俺が近所の公園でリフティングしていたら
無料ブログはココログ