« 2009年11月 | トップページ | 2011年1月 »

耐震補強

最近は耐震補強設計の仕事が多いですね。

耐震補強ってどこまでやるのか明確でないことが多いです。

部材としては,柱補強は当然として,梁も補強する?底版は?基礎は?

どこまでの性能を満足させるかも明確ではないですよね。

L2地震時のみ?L1地震時も対応させる?

今の現状は何も問題ないのに,L2地震時に靭性確保するために柱を巻き立てる。

当然これは必要な対応ですが,RCを巻き立てたから重量が重くなって柱のL1地震時の照査が必要・・・

なんか違う気がする・・・

L2地震時に脆性破壊を防ぐために補強するんだよね。

L1地震時に壊れるような橋梁はほとんどないんじゃない?

そもそもL1地震時に壊れるような橋は補強じゃなくて架け替えが必要なんじゃないか。

基礎の補強だってそうだよね。

L2地震に対応するような地震がきたって,杭や底版が破壊したなんて事例少ないよね。

それなのに大金を使って補強しすぎな様な気がする。

これだって,本当に基礎がやばいなら架け替えの方がいいんでないだろうか。

費用対効果でいったら掛け替えた方がずっと将来的に安心できると思う。

そもそも耐震補強は,神戸の地震のように落橋したり,柱が折れて倒れるなんて事がないようにするもので,完璧に現道路橋示方書に対応させるなんて無茶だと思う。

被害をできるだけ抑え,道路復旧を迅速に行える程度であれば壊れることは許容していいのではないか。

そもそも,現道路橋示方書だって,極端に言えば柱は壊れることを前提にしてる。

どこまでの性能をもとめるかジャッジする必要があると思う。

だれがジャッジするのでしょう。

結局は道路等を管理する国や県や市町村がジャッジするべきなんでしょうが・・・

« 2009年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

おすすめ本

  • 恩田 陸:ネバーランド
  • 野沢 尚:龍時01-02
  • 矢田 容生:俺が近所の公園でリフティングしていたら
無料ブログはココログ